雇用時健診

雇用時健診

労働安全衛生規則第43条に基づき、事業者が常時雇用する労働者を雇い入れるときに、義務付けられている健康診断。入社時に必要な健康診断となります。健診結果票は平日の2営業日後にお渡し可能です。郵送での対応もいたします。

  • WEBから24時間予約可能
  • 最短平日の2営業日後16時以降に受け取り可能
    • 月曜受診→水曜お受取り
    • 火曜受診→木曜お受取り
    • 水曜受診→金曜お受取り
    • 木曜受診→月曜お受取り
    • 金・土受診→火曜お受取り
  • 無料で結果郵送

雇用時健診の費用

雇用時健診
9,900円(税込)

雇用時健診の検査項目

※法定11項目を完備しています。

■身体測定
  • 身長
  • 体重
  • 肥満度
  • 腹囲測定
■問診
  • 問診(22項目)
■診察
  • 一般内科診察
■血圧測定
  • 血圧測定
■視力
  • 遠距離視力(裸眼/矯正)
■聴力
  • オージオメーター(1,000Hz・4,000Hz)
■安静時心電図
  • 安静時心電図12誘導
■尿検査
  • 蛋白
■胸部レントゲン検査
  • 1方向直接撮影(正面)
■血液一般・貧血検査
  • 赤血球
  • 血色素(ヘモグロビン)
■肝機能検査
  • AST(GOT)
  • ALT(GPT)
  • γ-GTP
■脂質検査
  • HDLコレステロール
  • LDLコレステロール
  • 中性脂肪
■糖代謝検査
  • 空腹時血糖
  • HbA1c

検査項目の説明はこちら >

雇用時健診時の持ち物

  • 健康保険証(名前、生年月日が確認できる身分証明書)
  • 問診票(お持ちでない方は来院時にご記入いただけます。)
  • 婦人科問診票(婦人科検査をご受診の方)
  • 検体容器(尿検査・便潜血・便中卵・喀痰検査をご受診の方で事前に検査キットを受け取っている方)
  • 健保組合様、会社様発行の利用券や受診券等がある場合は必ず受診券、保険証をお持ちください。
  • コンタクトレンズケース(コンタクトレンズを装用されている方)
  • 上下分かれたお洋服(ワンピース・つなぎ等上下繋がっているものは不可)でお越しください。

雇用時健診の注意事項

■視力検査

  • コンタクトレンズを付けている場合は、視力担当スタッフにお申し出下さい。
  • 作業をする時などに眼鏡を着用している方は眼鏡をご持参下さい。
  • 眼圧検査を予定している方は、眼鏡をご持参のうえ、検査後にコンタクトレンズを着用して下さい。

■聴力検査

  • 補聴器を使用されている方や、耳に持病のある方はお申し出ください。
  • 聴力(オージオメーター)検査中は、周りにおられる方々はお静かに願います。雑音があると検査音が聞こえなくなります。

■心電図検査

  • 胸部、手足首に電極を付けますので、ネクタイ、ストッキングは事前に脱着しておいてください。

■尿検査

  • 女性の方で生理中の方は、当院スタッフへお申し出ください。
  • 尿潜血検査がある方は、生理中は避けて受診してください。

■胸部レントゲン検査

  • 検査時、金属(ネックレス・下着など)やプラスチック、プリント付Tシャツは着用しないで下さい。
  • 貼り薬(湿布など)を上半身に貼っている場合は、外して下さい。

※妊娠中または妊娠の可能性がある方は検査できません。

■血液検査

  • 検査当日は食後6時間以上空けて受診してください。糖分・脂質を含まないお水・白湯・お茶は飲んでも構いません。
  • 牛乳・スポーツドリンクやジュースなどの清涼飲料水・ガム・飴なども検査数値(血糖・中性脂肪・肝機能ほか)に影響を与えます。

■胃部レントゲン検査(胃バリウム検査)/上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

(検査前夜)

胃部レントゲン検査(バリウム検査)を受けられる方は必ず下記書類(2点)お読みください。

①胃透視検査(バリウム検査)を受けられる方へ

②胃透視検査(バリウム検査)を受けられる方へ(続き)

  • 前日の21時(夜9時)までに食事を済ませ、それ以降は検査終了まで食事は禁止です。
  • 消化の悪いもの、脂肪分の多いもの、アルコール類は避けてください。
  • 水分(水のみ)はその後も摂取可能です。

(検査当日)

  • 当日は絶食でお願いします。たばこ・ガム・お茶もお控えください。胃壁を刺激して、胃液がたくさんでてしまい、胃壁に造影剤がつきにくくなり、精密検査が必要という結果になることもあります。
  • バリウム検査当日は、起床後から検査2時間前までコップ1杯(200ml)程度の水は摂取可能です。内視鏡は水なら当日も摂取可能です。
  • 受診前になるべく排便を済ませておいてください。

※妊娠中または妊娠の可能性がある方は検査できません。

バリウム後の注意事項

  • 2Lを目安に水分を摂取し、食事も早めに摂取してください。
  • 検査後は、バリウムの影響で便秘になりやすいため緩下剤をお渡しします。すべての検査が終わり、帰る前に必ず2錠内服してください。便秘がちで3錠以上もらった方は、当日夜(午後8時)までに白い便が出なければ、寝る前にもう1錠追加で内服してください。
  • 検査後3日経過してもバリウムの混ざった便が続く場合、または我慢できない程の腹痛がある場合は、お近くの内科におかかりください。

■その他

  • 糖尿病の方:受診前は薬の服用やインスリン注射はしないでください(低血糖になる恐れがあります)
  • 心臓病・高血圧の方:薬はご来院の2時間前までに必ず水で服用してください。

※胃部レントゲン検査(胃バリウム検査)を受診の方は200ml以内の水でお願いします。

  • それ以外の薬は検査後にお飲みください。

※薬の服用等で不安のある方は、かかりつけ医にご相談ください。

待ち時間を大幅短縮可能です。

  • 結果のお渡し方法は、どちらか1つを選択しチェックを2枚していただきます。
  • 結果のお渡し方法に関しては、来院時にも説明させていただきます。
  • 両面カラー印刷をお願いいたします。

会社指定の結果報告書がある方は氏名記載の上、事前確認の為
shinjuku-kt@toshin-kai.jp
にデータもしくは画像をお送りください。
※メールをお送りいただく際、件名に氏名及びご受診日を必ずご記入ください。
併せて、当日も必ず会社指定の結果報告書の原本をお持ちください。

待ち時間を大幅短縮可能です。

  • 結果のお渡し方法は、どちらか1つを選択しチェックを2枚していただきます。
  • 結果のお渡し方法に関しては、来院時にも説明させていただきます。
  • カラー印刷をお願いいたします。

会社指定の結果報告書がある方は氏名記載の上、事前確認の為
shinjuku-kt@toshin-kai.jp
にデータもしくは画像をお送りください。
※メールをお送りいただく際、件名に氏名及びご受診日を必ずご記入ください。
併せて、当日も必ず会社指定の結果報告書の原本をお持ちください。

オプションについて

当日でも対応可能なオプション検査もございます。

脳梗塞・心筋梗塞のリスクを調べる血液検査

簡易人間ドック

最短翌日に人間ドックがしたいというご要望を多くいただいたことにより、検便・血圧脈波を除いた簡易人間ドックコースをご用意いたしました。

オプション

■無料オプション
  • ヘマトクリット
  • 白血球
  • 血小板
  • MCV
  • MCH
  • MCHC
  • 総コレステロール
  • 心電図波形
  • 標準体重
  • 肥満度
  • 尿(ウロビリノーゲン、潜血、bil、比重、pH、ケトン体)
■¥1,100(税込)
  • 色覚
  • 血液型
  • HbA1c
  • CRP
  • T-bil
  • ALB
  • TP
  • LDH
  • ALP
  • UA
  • BUN
  • Cre
  • eGFR
■¥2,200(税込)
  • 指定用紙
  • HBs抗原
  • HBs抗体
  • HCV抗体
  • HA抗体
  • TPHA、RPR
  • クラミジア(尿)
  • 淋菌(尿)
  • 肺活量
  • 喀痰
■¥3,300(税込)
  • 診断書(※検査を含まない場合・1枚ごと)
  • HIV
  • 麻疹抗体
  • ムンプス抗体
  • 風疹抗体
  • 水痘抗体
  • 便検査(サルモネラ、腸チフス、O-157、赤痢、パラチフス)
  • 便虫卵
  • 便虫体
  • 便潜血
  • ペプシノーゲン
  • H.ピロリ抗体・腫瘍マーカー(※1項目ごと)
  • 診断書再発行(※1枚ごと)
■¥4,400(税込)
  • 薬物(覚醒剤、大麻、コカインなど)
■¥5,500(税込)
  • 英文診断書
  • 銃診断書